大田区のホームページ制作会社-株式会社Plat

ホームページ制作フロー詳細

ホームページ制作フロー詳細

ホームページの制作を具体的にすすめるにあたり、どのような手順で何が必要なのか、ホームページの作った事のないお客様は、わからない事が多いと思いますので、ぜひ一読して下さい。

1)はじめに

お客様にご用意して頂く必要のあるものや注意事項、当社制作指針

  • 制作過程を確認していただく必要がありますので、インターネットに接続できるパソコンをご用意下さい。
  • コンテンツの文章や写真・画像等をメールで送っていただいたり、制作途中での確認事項をメールでやりとりする必要がありますので、メールアドレスをご用意下さい。(携帯電話のメールアドレス不可)
  • 既存のホームページがあり、既にレンタルサーバーと契約している場合、WordPressを利用したサイトやショッピングサイトを新たに作る際、サーバーの仕様によりレンタルサーバーのコース変更や業者変更が必要な場合があります。
  • 既存のホームページがあり、既にレンタルサーバーと契約している場合、アカウント情報をご開示していただく必要があります。予めアカウント名やパスワード等は調べておいて下さい。
  • 当社では、信頼関係に基づいた長いおつきあいをさせて頂く事を前提にホームページの制作を請け負わせていただきますので、永続的な利用の保証がない無料のサーバーや独自ドメインの取得予定がないお客様は、お断りさせていただいております。

2)ホームページの構成・デザイン

ページ構成や掲載テキスト・写真等について

ホームページは、発注すれば制作業者が作ってくれると思っている方が多くいらっしゃいますが、コンテンツに使用する写真や文章は、お客様に用意していただかないといけません。手書きでやファックスでもかまいませんが、できるだけデジタルデータとしてメール等でご支給下さい。また、どのようなページ構成にするかも最低限必要です。また、会社案内や経歴書等がありましたらご提出下さい。

【1】ページ構成例

一般的な企業の場合の代表的な構成例です。

  • トップページ
  • ニュース・更新情報
  • 会社概要
  • 業務紹介
  • 求人
  • お問合せ
  • サイトマップ

その他、必要に応じて「プライバシーポリシー」や「ご利用方法」「相互リンク」・・・等ご要望をお聞かせ下さい。
また、下記サイトで、様々なデザイン例が紹介されていますので、ご参考にしてみて下さい。

【2】ロゴ

お客様にロゴがある場合、デジタルデータにてご支給下さい。
ご要望に応じ、ロゴはホームページ閲覧の際、ブラウザのURL表示部分の先頭にファビコンとして表示させる事ができます。

【3】コーポレートカラー

ホームページをデザインする際にメイントとなるカラーは、下記サイトを参考に色コード(#××××××)にてご指定下さい。また、配色をご指定の場合、参考になるサイトを記載しました。

【4】写真・文章

トップページやコンテンツ中に使用する写真や文章をご用意下さい。写真は携帯電話で撮ったものでもかまいませんが、横幅が1000ピクセル以上のものが好ましいです。ご用意できましたら、メールにてお送り下さい。文章は、ページ毎に必要ですが、それ以外に、descriptionやkeywordsというものがホームページにはあります。descriptionは、そのページの要約で50~100文字程度、keywordsは、検索キーワードで5単語程度で、ページ毎にあった方がSEO的に良いとされていますので、併記して下さい。

オリジナルの写真がない場合、写真素材の販売サイト等より購入いただきご支給下さい。

無料
有料

ページ毎に文章と写真を送っていただけるとわかりやすいですが、一括で送る場合、ファイル容量が大きくメールで送れない場合があります。その際は、「宅ファイル便」または「GigaFile便」をご利用下さい。

3)制作費のお支払い方法

ホームページの制作費のお支払い方法について、当社では次の4通りの支払い形態をご用意しています。

  1. 制作費一括払い(更新作業はお客様)
  2. 制作費一括払い・更新作業費用の毎月の定額払い
  3. 制作費・更新作業費用の毎月の定額払い
  4. 既存サイトの更新作業を毎月の定額払い

一括払いは、ページ数にもよりますがある程度まとまった金額となってしまい予算的に厳しいというお客様は、2.または3.の毎月の定額払いをご選択下さい。制作費一括払いで、更新作業が必要になった場合は、更新内容に基づいて見積書を提示し、振り込み確認後の作業開始となりますが、毎月の定額払いは、ページ全体にわたる大幅なリニューアルは別途見積りとなりますが、基本的な更新作業は費用に含まれています。2.は、3.に比べ月々のお支払いが割安になりお得です。

尚、当社では既存サイトの更新をスポットでの修正は、解析に時間がかかり割高になるため基本的にお断りさせて頂いております。

4)更新作業が容易なWordPress

当社では、CMSの中でもっともポピュラーで更新作業が容易なWordPressをホームページ制作ツールとて利用しております。

WordPressの特長
  1. WordPressは、無料のCMS(Content Management System)です。
  2. WordPressは、ブログ形式でホームページを作成できるため、難しいHTMLタグ等を覚える必要がなくニュース等の更新が行えます。
  3. WordPressは、プラグインも無料でそのうえ数も多く、プラグインを使えばプログラムの知識が不要でサイト構築が可能です。
  4. 他のCMSでもいえますが、WordPressは、テーマを変更する事により、瞬時にデザイン変更が可能です。
  5. WordPressは、更新頻度が多く日々バージョンアップされるため、セキュリティ対策が比較的安心です。
  6. 本屋さんに行くと一目瞭然ですが、WordPressは、他のCMSにくらべ圧倒的に書籍が販売されているため、自分の目的に合った本を購入する事ができます。

※当サイトもWordPressにて制作しております。

5)基本制作範囲

【1】ホームページの検証

またスマートフォンの場合はiPhone5S(iOS9.1)とAQUOS SHV32(Android5.0.2)、タブレットの場合はiPad Air2(iOS9.1)にて確認し、下記サイトにてチェックを実施いたします。

【2】アクセス解析

当社で作成したサイトには、Google Analyticsのアクセス解析用ソースコードを埋め込んでいます。Google Analyticsの利用方法については、「Google Analytics」や「アクセス解析の使い方」等をご参照下さい。

【3】メールアドレスの暗号化

メールアドレスをホームページ上で公開すると、メールアドレス収集ロボットに発見され迷惑メールが送られてくるようになりますが、当社ではその対策として、メールアドレスを暗号化しています。メールアドレス収集ロボットは、年々進化し暗号も解読される可能性がありますが、現時点では最も有効な対策と思われます。

【4】常時SSL

最近常時SSLのサイトが急増しています。常時SSLとは、従来ショッピングサイトの決済ページやお問い合わせフォームだけSSL化するのではなく、ウェブサイト全体をSSL化したサイトの事で、全ページのURLがhttps://~となり、当社サイトは2016年に常時SSLに変更しました。

SSLを導入する際、キーとなるのがSSLサーバー証明書で、下記の通り3種類あります。

  • EV証明書:SSL暗号化・厳格な企業認証(アドレスバーが緑色)
  • OV証明書:SSL暗号化・企業認証
  • DV証明書:SSL暗号化・ドメイン認証

認証する企業やサーバー証明書の種類によって、初期費用や年間管理費に大きな差がありますが最低限DV証明書は必要な時代といえ、ホームページを開設する際は、常時SSLをお勧めしています。

さくらインターネットの常時SSL設定方法

Symantec SSLチェッカー
【5】ファイル転送の暗号化

当社では、Gumblarウイルス対策として、サーバー接続にはFileZillaというSFTPソフトを利用しています。SFTP は認証とファイル転送の両方が暗号化されるため、Gumblarに有効であるとされています。
※一部SFTPが利用できないレンタルサーバーもあります。

【6】その他

ホームページの構成ファイル以外にSEOに有効といわれている下記を実施します。

  • sitemap.xmlアップロード
  • Google ウェブマスターツールによる認証作業
【7】SEO(キーワード上位表示)について

(※注) 当社は、SEO業者ではありません。HTML5+CSSにてSEOに適したソースにてホームページを制作しますが、SEOを保証するものではありませんので、ご理解の程よろしくお願いします。

SEO対策には、下記の通り「内部対策」と「外部対策」が必要とされています。内部対策については、当社で対応可能ですが、外部対策についてはSEO業者やGoogle・Yahoo!等への広告の出稿が必要となります。

内部対策
  • WEB標準に準拠したXHTML+CSSコーディングにより、デザイン部分とコンテンツ部分を分離した構造化されたサイト
  • 適切なキーワード出現率のサイト(5%程度)
  • 表示スピードの早いファイル容量が軽いサイト
外部対策
  • 被リンク数の多いサイト作り
  • 評価の高いサイトからの被リンク
SEO便利ツール

6)ご発注に際して

ホームページの目的やデザインについての要望事項等のメールフォーム
必要事項を下記メールフォームに入力して送信いただくか、PDFファイルをダウンロードしご記入のうえ、03-5754-2641までファックスを送って下さい。

【1】Gmail申し込み

レンタルサーバーやドメインの契約は、お客様と直接契約していただきますが、申し込みの代行は当社がおこないます。レンタルサーバーよりのアカウント情報をお客様と共有するために、Gmailを設定します。Gmailは、Googleマップで利用するGoogle Maps JavaScript APIや、アクセス解析のGoogle Analyticsにも利用します。

  • 第1希望@gmail.com
  • 第2希望@gmail.com
  • 第3希望@gmail.com

※6文字以上でアルファベット (a-z)、数字 (0-9)、およびピリオド (.) のみが使用できます。

パスワード

※パスワードは半角英数字で8 文字以上を設定して下さい。
Gmailの利用方法については、動画マニュアル.comで動画にて詳しく説明されていますので、ご参考にしてみて下さい。

【2】レンタルサーバー・ドメインの申し込み

不要
常時SSL希望

推奨するレンタルサーバーは、下記の通りです。

(1)一般サイト(企業・店舗等)
さくらインターネット スタンダードコース
容量:100GB
メールアドレス数:無制限
初期費用:1,029円 年額費用:5,142円
ドメイン取得費用:1,852円(.com/年) 3,909円(.jp/年)
エックスサーバー
 X10プラン(ドメインを複数運用の予定がある場合はオススメ)
容量:200GB
メールアドレス数:無制限
初期費用:3,240円 年額費用:16,200円
ドメイン取得費用:1,620円(.com/年) 5,400円(.jp/年)
(2)ショッピングサイト
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
容量:無制限
メールアドレス数:無制限
初期費用:無償 年額費用:49,248円
ドメイン取得費用:6,480円(.com/年) 8,640円(.jp/年)
EC-CUBE 高速セキュリティ
容量:20GB
メールアドレス数:無制限
初期費用:無償 月額費用:1,575円
ドメイン取得費用:無料(.com/年) 4,200円(.jp/年)
(3)その他ご希望レンタルサーバー

(4)既存レンタルサーバーがある場合
名称
ホストアドレス
アカウント名
パスワード
(5)希望取得ドメイン
第1希望
第2希望
第3希望

※ドメインの空き状況は、「バリュードメイン」にて検索してみて下さい。

【3】ホームページの目的

会社案内・経歴書のウェブ化求人ショッピングサイト情報発信 イベント・キャンペーン・休診・休業・空室・・・その他 

【4】登録者情報

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
会社名・団体名
郵便番号
住所
電話番号 (必須)

【5】デザインに関して

メインカラー(コーポレートカラー)
見本にしたいホームページ


キーワード(5ケ程度)




※適切なキーワードを選定したか、「Google キーワードプランナー」にて検索してみて下さい。

お問い合わせ内容

上記内容でよろしければ左記にチェックのうえ「送信」ボタンをクリックして下さい。

お送り頂きましたデータは、株式会社Platのプライバシーポリシーに基づき厳重に管理します。尚、JavaScriptを無効に設定している場合正常に動作しないため有効にして下さい。